結婚新生活支援補助金について

結婚による新生活を応援!!

結婚による新生活を応援!!

富士宮市は、「結婚をしたいけど、経済的な不安を抱えている。」そのような方へ、希望の実現の後押しとなるよう、結婚新生活支援事業を実施します。
新たに結婚した夫婦の年齢がいずれも39歳以下、世帯所得が400万円未満の世帯に対し、新生活を始めるのに必要な住居費と引越費用を助成することで、結婚に伴う新生活のスタートを応援します。

対象者〈令和3年1月1日以降に入籍されたご夫婦〉

  • ご夫婦ともに婚姻日時点での年齢が39歳以下
  • ご夫婦の前年の所得の合計が400万円未満(※1)
  • 申請時に夫婦の双方又は一方の住民票の住所が当該住宅の住所であること
  • 夫婦がいずれも補助金の交付を受けた日から1年を超えて富士宮市内に定住する意思があること
  • 過去に、同じ補助金を受け取っていないこと(他の自治体を含む)
  • 申請時において夫婦がいずれも市税の滞納をしていないこと
  • 結婚、妊娠・出産、子育てに温かい社会づくり・気運の醸成に資する講座等(以下「講座等」という)を受講していること(※2)

(※1)貸与型奨学金を返済している方は、その分を取得から差し引きます。
結婚を機に離職した方は、取得がないものとして計算します。
(※2)静岡県がウェブサイトで公開しているオンライン教材を受講し、アンケートに回答いただくと、受講証明書が取得できます。


静岡県ウェブサイト
http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-130/shinnseikatu.html

支援対象要件については、下記ページからもご確認いただけます。
富士宮市結婚新生活支援補助金について

対象となる経費

【住居費】
住宅の購入費用(建物のみ)
家を借りたときの敷金、礼金、家賃、共益費、仲介手数料
【引越費用】
引越費用として引越業者や運送業者に支払ったもの

補助の条件

年齢がともに29歳以下⇒60万円
年齢がともに39歳以下⇒30万円

提出書類

  • 富士宮市結婚新生活支援補助金交付申請書(第1号様式)
  • 婚姻届受理証明書又は婚姻後の戸籍謄本
  • 夫婦の前年の取得を証明する書類(取得証明書)
  • 夫婦の市税完納証明書
  • (給与所得者が住宅を賃借した場合)住宅手当等支給状況証明書(第2号様式)
  • (奨学金を返済している場合)前年中の奨学金の返済額が確認できる書類
  • (結婚を機に離職した場合)離職したことが確認できる書類(離職票)
  • (住宅を購入した場合)住宅の売買契約書又は工事請負契約書及び領収書の写し
  • (住宅を賃借した場合)住宅の賃貸借契約書及び入居月とその翌月分の賃料、 敷金等の領収書の写し
  • (引越費用を申請する場合)引越費用に係る領収書の写し
  • 結婚、 妊娠・出産、 子育てに温かい社会づくリ ・機運の醸成に資する講座の受講証明書
  • その他市長が必要と認める書類

対象要件により、提出書類が異なりますので、申請する際は事前にご相談下さい。

支援対象要件については、下記ページからもご確認いただけます。
富士宮市結婚新生活支援補助金について

お問い合わせフォーム

- 入力内容に間違いがなければ、フォームを送信してください。 -

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須希望される連絡手段
必須問い合わせ内容

プライバシーポリシーを一読のうえ、確認画面へお進みください。