移住・定住オンライン相談窓口

先輩移住者の声

宮下 ライオンズさん

  • ■富士宮市富丘地区(青木平)
  • ■令和元年10月ニューヨークより移住
  • ■夫婦2人

アメリカの大学やニューヨークのジャパンソサエティで教職についており、報道カメラマンの夫とアメリカに25年住んでいました。
仕事も楽しく、夫も様々な賞を頂いたりして不自由のない生活ではありましたが、日本で何か新しいことを始めたい、との思いから、日本への移住を考え始め、自分で東京都有楽町の移住相談センターに出向いて移住先を探していました。東久留米の実家に母がいるため、都心からそう遠くない所で移住先を探していましたが、他県では私たち夫婦にとって魅力的なものがありませんでした。

そんな時教え子の一人の紹介から富士宮市を知り、移住相談員や市役所の担当者にも相談して富士宮市の青木平に実際訪れてみると、私たち夫婦の好きなアート(油絵のギャラリーやジュエリー工房、陶芸工房など)があり、自治会の方々も好意的に接してくださり、なにより富士山の景観に惹かれました。
アメリカの雄大な自然とはまた違った趣のある景色を、自分もカメラマンである夫も気に入ったことが青木平に移住した決め手です。

広い庭と建物のある物件を探してリフォーム。家の間取りもこだわりました。海外などから友人が訪ねてくることも多く、ゲストルームも作り、アメリカで使用していたアンティークの家具もそのまま使っています。写真や絵画、美術品など様々な作品を飾っているので空調にもこだわったのですが、冬場は家の中が寒いことに驚きました。青森と同じ緯度にあるニューヨークに十数年住んでいたのに!困ったことといえばその1点のみです。

自治会の色々な催し物や活動にも参加しますが、近隣の方々や自治会の方たちからも大変よくしてもらっています。夫は日本語があまり得意ではありませんが、翻訳機などテクノロジーの力を借りなくてもコミュニケーションが取れる、とてもフレンドリーな環境があると感じました。
これからは自分たちの力を生かしてイベントなど積極的に参加してコミュニティへの恩返しをしたい、そんな風に考えてます。

東京や関西へのアクセスもよく、良い眺めとウェルカムな環境。市のサポートもあり、移住を考えている方には是非ともお勧めします。

宮下ライオンズさん写真1
宮下ライオンズさん写真2

7/17(日)実施予定の令和4年度「第2回富士宮人づくり講座」にビル・ライオンズ氏が登壇します。
詳細はこちら

一覧に戻る