最大180万円の移住・定住奨励金

先輩移住者の声

古屋さん

  • ■富士宮市猪之頭
  • ■平成29年5月徳島県神山町より移住
  • ■夫婦2人、子ども2人

富士宮市に移住する前は、徳島県神山町に住んでいました。約6000人ほどが暮らしている町で、大型スーパーがある隣町まで車で30分~40分ほどかかるようなところでした。

出身は妻が佐賀県、私が群馬県ですが、大学進学や就職を機に上京して以来ずっと東京暮らしでしたから、東日本大震災と出産をきっかけに2014年から「地域おこし協力隊」として神山町に移住したのは大きな転機になりました。協力隊の在任期間は2年でしたが、多くの先輩移住者たちがパンを天然酵母から仕込むような「暮らしの姿勢」に感化されて、退任後も神山での暮らしが続きました。

「そろそろ終の棲家を決めよう」と思って良い場所を探していたところへ知人が住んでいたこともあって、富士宮市が候補に挙がりました。紹介していただいた物件が自分たちの理想に近かったのと、市役所の方を通じて、猪之頭地区活性化推進委員会の方たちが何から何まで世話をしてくださったこともあって、トントン拍子に話しが決まりました。

これまで神山町で暮らしてきたので「はじめての田舎暮らし」という感じはありません。むしろ、「ずいぶん都会だ」という感想です。猪之頭は富士宮市でも最北の地域ですが、国道がまっすぐ南北を走っているため車で20分ほどで町の中心部に到着します。ホームセンターやスーパーが何軒もあり、必要なものはほぼ手に入ります。現在、お借りした築50~60年の家の改修を始めましたが、工具や材料などは地元のホームセンターやインターネットで入手しました。

欲をいえば、「同じ地区内に小さな商店があればよかったな」と思いますが、妻も子どもたちも現在の環境が気に入ったようですし、保育園にも喜んで通っていきますので安心しています。まだここへ来て数カ月ですが、富士宮での暮らしが楽しみです。

一覧に戻る