猪之頭地区活性化推進委員会

猪之頭地区活性化推進委員会は、地元住民の有志によって運営しています。猪之頭は朝霧高原の西側に広がり、現在350世帯900人ほどが暮らす地区です。委員会では、移住希望者に空き家を紹介したり、移住者と地元民の交流イベントを企画したりしています。

メディア掲載記事はこちら

猪之頭区ってどんなところ?

源流のある町

静岡県内屈指の清流である芝川は、猪之頭公園内にある富士養鱒場の奥にその水源があります。ここから湧き出た水は猪之頭地区をくだって白糸の滝の一部を成し、やがて富士川と合流します。水は素晴らしく透明で川は澄んでおり、夏には蛍が飛び交うのが見られます。川は子どもたちの遊び場になるだけでなく、豊かな生態系の源でもあります。

源流のある町

ミツバツツジの里

静岡県の天然記念物に指定されているミツバツツジは、樹齢約600年と推定される大樹です。毎年、見頃を迎える4月半ばから5月にかけては、市内外からたくさんの花見客が訪れます。地元ではミツバツツジの植樹活動が盛んです。NPO団体と猪之頭区民、地元の小中学生が一緒に励んだ活動が実を結び、少しずつ区内のミツバツツジが増えています。

ミツバツツジの里

地産地消のわいわい市

猪之頭では、美しい水を利用してのワサビ栽培や稲作が盛んです。これら地元で採れた農産物は、毎週木曜日と日曜日に区民館前で催される「わいわい市」で販売され、区民の交流の場になっています。このわいわい市では、出どころの知れた新鮮な野菜や米などが安く手に入り、地元民の食卓を彩ります。

地産地消のわいわい市

猪之頭地区の子育て

無料で参加できる英会話教室

井之頭小学校の生徒は2年生から、無料の英会話教室に参加することができます。地域に住むブラジル人の先生が、週に一度、放課後に教えてくれます。参加は自由ですが、2年生から6年生までの生徒が10人ほど集まって一緒に勉強しています。

無料で参加できる英会話教室

中学校の部活にゴルフ部

井之頭中学校には、中学校では珍しいゴルフ部があります。区内にある「朝霧ジャンボリーゴルフクラブ」の全面的な協力のもと、部員はプロからレッスンを受けることができ、大変恵まれた環境です。若きゴルファーたちが育っています。

中学校の部活にゴルフ部

一貫した教育方針

猪之頭地区には保育園・小学校・中学校がそれぞれひとつずつあり、一貫した方針で教育に当たっています。8月に行われる陣馬の滝祭りでは、保育園児から中学生までが全員総出で演舞や太鼓を披露し、年齢を超えた連携を深めています。

一貫した教育方針

頼れる猪之頭地区のお医者様

地区にある朝霧診療所は内科・小児科・皮膚科が専門です。院長の山本先生は東洋医学や予防医学も修められ、その治療方針に共感して遠方から通う患者さんも途絶えません。在宅医療や往診にも対応してくれ、「先生がいるから安心だ」と頼られる地域の宝です。

頼れる猪之頭地区のお医者様

猪之頭地区の先輩移住者

田村さん

田村さん
  • ■移住先:富士宮市猪之頭
  • ■平成28年7月に千葉県八千代市より移住
  • ■家族構成:夫婦、子ども1人

以前は都心でサラリーマンをしていましたが、農家を志して移住を考えるようになりました。

情報収集のために東京都有楽町のふるさと回帰支援センターへ行ったら、たまたま担当して下さった富士宮市の担当者がとても感じの良い方だったので、いろいろお話を伺っている中で富士宮市への移住の気持ちが固まりました。

自分が越してきた富士宮市の猪之頭地域には「猪之頭地区活性化推進委員会」というのがあって、市役所と委員会が協力して家や畑を探してくれました。家も畑も「見つかったよ」と連絡を頂いてから見学に来たくらいで、とくに苦労はありませんでした。

もっと限界集落のようなところを想像していたのですが、家々も隣接しており、イメージよりもずいぶん“都会”でした。まだ越してきたばかりですが、近所の方たちが毎日のように顔を出してくださったり、野菜をくださったりして楽しいです。先日は隣の畑の方が「一緒にどうだい」と昼食に誘ってくださり、畑の中でカレーをいただいたりもしました。

長渕剛の「人生はラララ」という歌の中に「人生は一度っきりだから生まれかわるなら生きてるうちに」という大好きな歌詞があります。移住を考えている方には、アドバイスの代わりにこの言葉を贈りたいです。

猪之頭区への移住・定住に関心のある方、お気軽にお問い合わせください。

富士宮市役所では、移住に関するお問合せを伺っています。
猪之頭地区にご興味を持たれた方は、下記へご連絡下さい。

富士宮市役所 企画部 企画戦略課 地域政策推進室

さくやちゃん